おしらせ

2019/11/20

新刊です : 「きょうりゅうたちも ペットをかいたい!」

新刊です : 「きょうりゅうたちも ペットをかいたい!」

ジェイン・ヨーレン 文  マーク・ティーグ 絵  小峰書店

 

元気な子どもたちを、たいへんパワフルな「きょうりゅう」として描くシリーズの6冊め。

「きょうりゅうたち」がペットを飼うことになります。

 

といっても、ペットを飼いたい「きょうりゅう(=子ども)たち」vs 反対する親たちのバトルではありません。

こんなペットが飼えたら楽しいだろうなあとふくらむ子どもたちの夢に、ほいほいつきあいながらも、巧みにやんわりと小動物のあらまほしき入手経路や愛護へと導きます。

 

わたしの愛しいハンジも、ガリガリにやせた瀕死の子猫としてうちにやってきたのです。

 

     ↓ 掌にのるほど軽く骨と皮で、あらゆる病気をもってふるえていた子猫のころ。

           IMG_5950.JPG

     ↓ まるまるつやつやで、くつろぎすぎの近影…

               IMG_0250.jpg

 

日本のペット事情が良い方向へとむかいますようにとの願いをこめて翻訳しました。

 

くわしい内容は、こちらから。→https://chihironn.com/menu/746312

 

 

 

 

2019/11/07

シャンティ国際ボランティア会

シャンティ国際ボランティア会

 

厳しい環境でくらすアジアの子どもたちへ、日本で出版されている絵本を届けようと、

現地語のシールを貼って絵本を届けてきた シャンティ国際ボランティア会

その活動が20周年となる記念行事で、対談をすることになりました。

 

直接のきっかけは、「せかいでいちばんつよい国」が、カレン語とビルマ語に翻訳されたからですが、じつは、そのはるか昔から、わたしは細々とシャンティを応援してきました。

(不要になった本の処分で寄付とか、エスニックでかわいいピアスを買うとか…って程度ですけどね (^_^;)

 

そして先日、はじめて職員さんたちと会いました。

綺麗事ではすまない現地の暮らしと変化を見続けてきた方たちの、地に足のついた志の高さ、清々しさにふれて微弱電流がながれました。

 

「難民キャンプは、桃源郷なんです」

そう言われたときは、目がパチクリ。「え、いまなんて?」と、おもわず問い返しました。

でも、聞き間違えではありませんでした。

安全であり、最低限の衣食住が与えられ、教育もうけられ、おなじような人達が集まるコミュニティは、桃源郷なのだそうです。

命からがら逃げてきた大人にとっては、たしかに。

もうどこにも行きたくないと思ったとしても、ふしぎはありません。

けれどそこで生まれて育つ子どもたちは、外の世界をしらない。

そのくらしに風穴をあけて、外の世界をみせるのが、絵本なのだそうです。

 

また、難民キャンプの学校で子どもたちは文字を習うけれど、親は字が読めない家庭も多い。

その親子がいっしょに楽しみながら、ここではない世界を夢みて、異なる価値観にふれることができるのも、絵本であると。

 

ね。

ぞくっとするでしょう。

 

シャンティの20年の活動では、そうして外の世界へと踏みだし、国内外で教師や政治家になる子どもたちがでてきたそうです。

小さな絵本の、大きな力。

 

12/3は、そんなことを、たくさん伺い、ともに考える会になることでしょう。

参加者交流会もたのしみです。

ぜひ、おでかけください。

 

詳細と、お申し込みは、こちらから。

https://sva.or.jp/wp/?p=35789

 

2019/09/27

川崎市宮前区で おえかきウォッチング

kodo-sugo-tirasi-1.jpg

 

 

 kodo-sugo-tirasi-2.jpg

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

川崎市宮前区で「おえかきウォッチング」のお話とワークショップをします。

 

小規模での5回連続講座だそうです。

わたしはトップバッター。

区の生涯学習支援課からの依頼なのですが、

ほかの講師の人選をみるに、なかなか野心的な企画です。

ご期待にそむかないよう、楽しんでまいります。

ふふふふふ。 

 

http://www.city.kawasaki.jp/miyamae/page/0000110627.html   

 

2019/09/11

白岡で 午前も午後もプリンちゃん

プリンちゃん絵本原画展ちらし ポスター2019 (1).jpg

 

◆◆◆◆◆◆

 

埼玉県の白岡市。

住宅街のかたわらに、田んぼと梨畑が広がる のどかな町です。

JR宇都宮線で都心から北上してくると、きゅうに視界がひらけます。

建物がまばらになって、田植えや稲刈り、川や桜堤の風景に、おもわず ほっとするあたり。

 

1年前、この町に りっぱな (梨のかたちの) 生涯学習センターができました。

中心となるのは、明るく居心地の良い図書館です!

 

そこで開館1周年のお祝いに、プリンまつりを行います。

午前中は、子どもたちといっしょに遊ぶ催し。

ひとりひとり、個性的なチョキチョキプリンちゃんを作ってもらいましょう。

大型絵本を読んで、歌やダンスもしますよ。

 

午後は、大人の方を対象に、絵本プリンちゃんのメイキング話や、それぞれの著作のこと、絵本に対する考えなどを、ざっくばらんにお話しします。

 

なにゆえ、こんな運びとなったかといえば。

じつは、たかおさんとわたしが、二人そろって、この町の住民だから…。。

(↑ これ、秘匿情報だったはずなんだけど、もうチラシにかいてあるから諦めました (;_;)

 

ふたりとも、ここに越してきてもう二十年以上。

良いところだなあと満足しつつ、不満がひとう。

 

「仮寓図書館」と呼ぶべき古く狭い空間に本があふれかえり、カウンターで本の名前をいうと、スタッフが隣の倉庫まで走ってとりにいくようなカナシイ時代が長く続いていたのです。

ずーとずーとずーと、「図書館を作ってくださ〜い」と陳情していました。

 

とうとう夢がかなって、広々と明るい本の館がうまれ、すくすく育っているんですもの。

1歳のお祝いをしなくっちゃね。

 

原画展では、たかおさんが作った おかしの家や、ダミーや下絵なども展示します。

市の布絵本ボランティア、いちごくらぶ制作の布絵本も展示します。(←驚嘆レベルですぞ)

10/27 午後の講演会では、ご当地ネタや、ふだんぎトークも飛び出す予定。

 

近隣にお住まいの方も、遠くの方も、どうぞおでかけください。

 

詳しくは、こちらから→ http://www.city.shiraoka.lg.jp/12810.htm

 

2019/09/11

ティールグリーンで プリンハロウィン

350_Ehon_120083.jpg

 

◆◆◆◆◆◆

 

ティールグリーンは、東京都大田区千鳥にある子どもの本の専門店です。 

正式名称が Teal Green in Seed Village と長いのは、

店主のお名前が種村さんだから。

(ほら、種=seed、村=village (^o^)

 

一年前に「プリンちゃんのハロウィン」を出版したとき、

店主の種村由美子さんが、にっこり笑っていいました。

「次のハロウィンには、うちで原画展をしてくださいね。

 そしていっしょに、プリンちゃんのハロウィンをしましょうね」

 

ごぞんじの方も多いことでしょう。

種村さんの笑顔の魅力には、なんびとも、さからうことができません。

「はい、よろこんで!」

ということで、たかおさんと二人で伺います。

 

みんな、仮装してきてね〜♪

Trick or Treat ! 

 

くわしくは、こちらから。

https://teal-green.com/info/5044/

1 2 3 4 5 6 7 8 9