わたしの本のこと

美術の絵本

ゴッホの星空 フィンセントはねむれない

バーブ・ローゼンストック 文  メアリー・グランプレ 絵  ほるぷ出版

 

ゴッホの少年時代からの歩みと、晩年の名画「星月夜」に焦点をあてた伝記絵本です。

キーワードは「フィンセントは ねむれません…」。

 

あまりにも面白く美しい物事に心がおどると、ねむれなくなります。

悲しみや焦り、怒りに心がさわいでも、ねむれなくなります。

なにかに激しく熱中しても、やはりねむれなくなるでしょう。

 

フィンセント・ファン・ゴッホの一生は、その連続でした。

絵本の作家バーブ・ローゼンストックによれば、ゴッホは夜型人間だったそうです。

明るい色彩のひまわりや南仏の景色の絵を思いうかべると意外な気がしますが、2008年には「星月夜」をお宝として所蔵するMOMAニューヨーク近代美術館で「ゴッホと夜の色」と題した展覧会も開かれています。

 

ゴッホが夜に目をさましていて、夜の時間を絵で表現したという具体的な意味もさりながら、バーブさんの献辞には、

 

  闇を知り、なおも 光をもとめる人たちへ

 

とありますから、「夜」とは心の闇やフィンセントの生き辛さも含んでいるのでしょう。

豊かな才能をもちながらも、まわりとうまく関われない子どもや若者は今も多くいます。

親や教師にも、その扉をあける方法がわからないことは、しばしば。

 

小学中学年くらいからたのしめるシンプルな絵本ですが、奥行きは深いと思います。

著者や訳者のあとがきも、読んでくださいね。

 

メイキングとちゅうの私の呟きは、こちらからどうぞ。 

 その1 http://chihiro-nn.jugem.jp/?day=20180413

 その2 http://chihiro-nn.jugem.jp/?eid=49

 その3 http://chihiro-nn.jugem.jp/?eid=56

 

 

編集は、絵描きとしての話もできる関谷由子さん。

装丁は、青の魔術師、森枝雄司さん。