わたしの本のこと

荻原規子の挿絵担当

グリフィンとお茶を

荻原規子 著  徳間書店

 

…とまあ、そんなわけで特別なヒトである荻原さんから、徳間書店の文芸PR誌「本とも」に連載する原稿に絵を描いてといわれたときは、一も二も無く「ハイ」と頷きました。

連載当時のタイトルは「アニマ・アニムス・アニマル」。

荻原さんが毎回、動物のでてくる物語についての随想を書くというものでした。

 

私は送られてきた原稿をよんで、ひぇ、こんどは虎かよ、竜かよ、カエルのケロちゃんかよと慌てて資料をさがし、読書家の荻原さんがとりあげる本すべてを意地で読破し、ちゃっちゃか絵をかくこと20ヶ月。

荻原さんとの仮想対話がたのしい仕事でした。

〆切はいつもスリリングでしたが…。

 

その連載をまとめた一冊です。

荻原規子ファンは必読ですよ。

 

編集は村山晶子さんと、上村令さん。

装丁は百足屋ユウコさん。

表紙(カバーをめくった本の本体)の青が理想としていたウェッジウッドブルーよりだいぶ濃くなってしまったのが残念ですが、お洒落な大人カワイイ本になりました。