おしらせ

2019/04/26

物語版です : たくさんのお月さま

ジェームズ・サーバー 文  ルイス・スロボドキン 絵 徳間書店

 

「たくさんのお月さま」は、原書とおなじ判型で25年間も読み継がれてきた翻訳絵本ですが、絵本にしては文章量があり、小さな文字が読みにくいとの声もきこえていました。

そこでこのたび、おもいきって幼年向けの読み物の形にリニューアル。

 

いつの世もかわらぬ真実、あるいは幸福になるすべを問いかける 愛らしい名作です。

子どもたちが読みやすいようにと、いろいろ工夫をこらしました。

お月さま色の栞までついているのですよ。

ちょっと長めの物語を読むたのしさを、一人読み初心者さんにしっていただきたいものです。

 

(↓ 木苺のタルトをむしゃむしゃ食べるレノア姫ちゃん)

IMG_4176.jpg

 

……それはそうと。

じつは、制作側も、口があんぐりあいてしまった驚愕事実が発覚。

ほら、いろいろあるじゃないですか、昔の寺や仏像の修復作業中に見つけちゃうことって。

そんな裏話は、こちらからどうぞ。

https://chihironn.com/menu/696551