おしらせ

2018/12/09

新刊です : 「おおかみの おなかの なかで」

マック・バーネット 文  ジョン・クラッセン 絵  徳間書店

 

この表紙絵と、このタイトル。ちょっとサスペンス調かも。

ジョン・クラッセンには、大きな獣が小さな獣をたべてしまったの…!? という暗黒疑惑の余韻が有名な作品がありますしね。

こちらもその種の緊張感とともに始まるのですが、すっとぼけていて笑えます。

やはり、文を担当したマック・バーネットの持ち味でしょう。

大胆な設定と感情のゆらぎがシンプルな言葉でやりとりされて、なかなかドラマチック。

読み聞かせにむいています。

あひると ねずみのセリフを、子どもとかわりばんこに読みあうのもおすすめです。

うん、これは楽しいと思いますよ。

 

くわしい内容や、メイキング裏話はこちらから → https://chihironn.com/menu/664438