おしらせ

2019/09/11

白岡で 午前も午後もプリンちゃん

 

◆◆◆◆◆◆

 

埼玉県の白岡市。

住宅街のかたわらに、田んぼと梨畑が広がる のどかな町です。

JR宇都宮線で都心から北上してくると、きゅうに視界がひらけます。

建物がまばらになって、田植えや稲刈り、川や桜堤の風景に、おもわず ほっとするあたり。

 

1年前、この町に りっぱな (梨のかたちの) 生涯学習センターができました。

中心となるのは、明るく居心地の良い図書館です!

 

そこで開館1周年のお祝いに、プリンまつりを行います。

午前中は、子どもたちといっしょに遊ぶ催し。

ひとりひとり、個性的なチョキチョキプリンちゃんを作ってもらいましょう。

大型絵本を読んで、歌やダンスもしますよ。

 

午後は、大人の方を対象に、絵本プリンちゃんのメイキング話や、それぞれの著作のこと、絵本に対する考えなどを、ざっくばらんにお話しします。

 

なにゆえ、こんな運びとなったかといえば。

じつは、たかおさんとわたしが、二人そろって、この町の住民だから…。。

(↑ これ、秘匿情報だったはずなんだけど、もうチラシにかいてあるから諦めました (;_;)

 

ふたりとも、ここに越してきてもう二十年以上。

良いところだなあと満足しつつ、不満がひとう。

 

「仮寓図書館」と呼ぶべき古く狭い空間に本があふれかえり、カウンターで本の名前をいうと、スタッフが隣の倉庫まで走ってとりにいくようなカナシイ時代が長く続いていたのです。

ずーとずーとずーと、「図書館を作ってくださ〜い」と陳情していました。

 

とうとう夢がかなって、広々と明るい本の館がうまれ、すくすく育っているんですもの。

1歳のお祝いをしなくっちゃね。

 

原画展では、たかおさんが作った おかしの家や、ダミーや下絵なども展示します。

市の布絵本ボランティア、いちごくらぶ制作の布絵本も展示します。(←驚嘆レベルですぞ)

10/27 午後の講演会では、ご当地ネタや、ふだんぎトークも飛び出す予定。

 

近隣にお住まいの方も、遠くの方も、どうぞおでかけください。

 

詳しくは、こちらから→ http://www.city.shiraoka.lg.jp/12810.htm