おしらせ

2018/12/08

台湾語版です :「おたすけこびとのにちようび」

コヨセ・ジュンジ 絵 徳間書店 → 小魯文化

 

おたすけこびとシリーズ最新刊、略して「おたにち」が台湾の出版社からでました。

もしかしたら、台湾の翻訳絵本って、いちばん楽しいかも…。

というのも、けっこう理解できるし、それでもやっぱり、くすぐったいくらい違うから!

中国語版で使われる文字は簡体字といって、もとの漢字からずいぶん変化してしまいましたが、台湾でつかわれる繁体字は、日本の私たちが使う漢字とよく似ているためです。

だって「小さな小さな人の児が来て、幇助してくれる、忙しそうに」ですよ〜。これは「おたすけこびと」の翻訳です。

そして「星期天」とは「にちようび」を意味する言葉であると、今回はじめてしりました。

つまり「快くて楽しい日曜日」ですよね。

中をみても、簡潔にして意味深な(…気がする)漢字に翻訳されているのでシビレます。(^o^)

 

IMG_3061.jpg IMG_3062.jpg

なんとなく、ふくふくとした気分になります。

翻訳っていいな。

(小魯文化のリンクから、本文が5見開きみられます。のぞいてみてください)