わたしの本のこと

たった一冊のノンフィクション

カモのきょうだい クリとゴマ

アリス館

 

実話です。

アリス館の編集者さんから、子どもと自然をテーマに物語を依頼されていたとき、

息子がカルガモの卵をひろってきて、あたためはじめました。

その卵が孵化し、二羽の子ガモが成長して、ぶじに放鳥できたので、「事実は小説よりも奇なり、ですよ」と編集者さんを説得してノンフィクションとして書きました。

98%は事実の、ウチの物語です。