わたしの本のこと

きょうりゅうたちシリーズ

きょうりゅうたちのおやすみなさい

ジェイン・ヨーレン 文  マーク・ティーグ 絵  小峰書店

 

はじめて読む人は、目がぱちくり。

だって、けっこうリアルなきょうりゅうたちが、子ども部屋で遊んだり絵本を読んだりしているのです。

そこへ人間のお父さんやお母さんがやってきて「もう ねるじかんだよ」と言います。

すると、きょうりゅうたちは、ゆかをどすんどすんと踏みならしたり、ほえたり、あばれたりで「ねむくないよー!」……。

 

そう、きょうりゅうたち= こどもたち なのです。

泣きわめく子どもがきょうりゅうに見えた経験者は多いはず…(-_-)

でも、ご心配なく。さいごにはちゃんと、すやすやとねむってくれます。

本のさいごの文章も

 

  おやすみなさい。

  うちの かわいい きょうりゅうちゃん。

 

つまりは教育絵本なのですが、なにしろ、きょうりゅうたちの暴れっぷりが痛快なので、読んでいる子どもたちは、にやにやして、ぼくはここまで悪い子じゃないよと思うみたいです。

心の中でじゅうぶん解放されて、すんなりいい子になってくれるかも…(?)。

10種類のリアルな恐竜が登場し、名前もついているのが図鑑のよう。

その名前が隠し絵っぽいところも、おたのしみのひとつです。

 

きょうりゅうたちがかぜひいた

ジェイン・ヨーレン 文  マーク・ティーグ 絵

 

こどもたちを、リアルでユーモラスなきょうりゅうの絵でえがく「うちのきょうりゅうたち」シリーズ2冊目です。

大人でもそうですが、体調のわるいときは、きげんもわるい。

病院へいくのをいやがり、ひいひい、ぐずぐず。

なんでもかんでも やだもんやだもんの わからんちん。

親子の攻防戦に笑えます。

 

 はやく げんきに なってね、

 うちの かわいい きょうりゅうちゃん。

 

1冊目とはちがう恐竜たちが10種類登場しますよ。

 

きょうりゅうたちのいただきます

ジェイン・ヨーレン 文  マーク・ティーグ 絵  小峰書店

 

こどもたちを、元気でリアルなきょうりゅうとして描くシリーズの3冊目は食育です。

きらいなものは断固拒否してたべなかったり、牛乳でぶくぶくしちゃったり、口いっぱいにほおばって、おしゃべりしたり。

いろいろありますよね、たべるよりも、まず叱らなくちゃいけないシーン…。

一応、教育絵本ですが、きょうりゅうたちが大暴れしてくれるので、お説教くささがふっとぶ大らかさが魅力です。

 

10種類のきょうりゅうの名前は、英語と日本語で書いてあります。

ここじゃすぐに見つかってつまらないかな、これじゃ難易度たかすぎるかな、などと考えながら、描き文字専門の方にかいてもらった日本語名を絵の中にひそませました。

 

 たくさん たべて おおきくなってね、

 うちの かわいい きょうりゅうちゃん。

 

 

 

きょうりゅうたちがけんかした

ジェイン・ヨーレン 文  マーク・ティーグ絵  小峰書店

 

いやあ、迫力ありますね。

なんたって、きょうりゅうのけんかですもん。

どしーん、どすーんと、地響きが聞こえてきそう。

わたしは、涙を流しながら「あのこが さきに やったんだもん」と、うその告げ口をするナストケラトプスちゃんが好きです。

 

仲直りしたいのに、「ごめんね」が言いだせないこどもたちに、いろんな仲直りの方法を紹介します。

ああ、もう4冊目になると、巷のこどもたちがみんなきょうりゅうに見えてきます…。。

 

 ほーら、なかなおりって いいきぶん。

 どのこも かわいい きょうりゅうちゃん。

 

きょうりゅうたちのクリスマス

ジェイン・ヨーレン 文  マーク・ティーグ 絵  小峰書店

 

元気なこどもたちをリアルなきょうりゅうの姿でえがく、このシリーズ。

もちろん、クリスマスがやってきます。

お祭り気分にそわそわ、わくわく。

ツリーをじゃらじゃら揺らしたり、きれいな箱をみつけたら紙をやぶってあけちゃったり、サンタさんがくるまで寝ないでみはっていたり…。

まちきれないんだよね。わかるわかる!

でもね、ふくらむ期待を、そおっと大切に胸もとに抱いて待つことって、とても大切なんだよ。

それは喜びを何倍にも大きくしてくれるから。

 

  さあ、プレゼントは なんだろう?

  メリー・クリスマス、

  うちの かわいい きょうりゅうちゃん!

1