about

なかがわちひろ
中川千尋 Chihiro Nakagawa

 

1958年、関東のとある県庁所在地で、転勤族の子どもとして出生。

しかしその町にいたのは産院を出るまでで、本籍地は東京なので、出身地が要求される場合は「東京です」と言う、うしろめたく感じながら。

もっとも鮮やかなこども時代の風景は、小学4年の秋から中学3年の秋までをすごした仙台。

 

高校時代にアメリカのサンディエゴに1年間留学。

殆どの時間を美術室ですごしたため英語の上達は限定的だが、絵本やイラストレーションの世界に目を開かされる。

 

高3の秋に帰国して進路に迷い、東京芸術大学美術学部の芸術学科に入ってしまうが、正しい選択だったと思えずにごそごそ迷う。

在学中から劇団テアトル・エコーの座付き翻訳者として、コメディの翻訳に従事。

 

戯曲より子どもの本がやりたくて福武書店児童書編集部にコンタクトをとり、「ふしぎをのせたアリエル号」の翻訳をはじめる。

すべての迷いや回り道が、このためにあったと深く納得。

以来、子どもの本の「森」の住人となり、ほかにはどこも行かない。

 

Born in Tokyo, Japan and spent a high school year in   San Diego, graduated Tokyo University of Arts.

Amy's Eyes was one of her first books to translate into Japanese, she loved the book so much that she did not  hesitate to add more than 100 illustrations to Japanese edition, with encouraging advice from the author, Richard Kennedy.

 

Since then she has enjoyed translating more than 150   children's books from English to Japanese.

As author and illustrator, her books inclde      'HOW TO TAKE CARE OF AN ANGEL' which is translated into 4 languages,  the series of tiny people starting with 'WHO MADE THIS CAKE?' which are translated into 6 languages, English edition published by Front Street/Highlights for Children,  'THE PHANTOM PRINCESS AND    THE GIANT GOBLIN OF BUKKIRA MOUNTAIN' which was selected as one of recommended   books in White Ravens 2015 by International  Youth Library in Munich.