わたしの本のこと

ドン・フリーマンの絵本

ハロウィーンのまじょ ティリー

ドン・フリーマン 作絵 BL出版

 

ティリーは ものすごくいじわるな魔女。

それって、魔女としては優秀だってことですよ。

でもある夜、月にみとれて うっとりしていたら、おかしなことになりました。

にこにこ顔がはりついて、元のいじわる顔にもどらなくなってしまったのです。

折しも、あしたはハロウィーン。魔女としての晴れ舞台なのに。

 

 

ホウキにのってるのは  まどろっこしいので、いまどきの魔女ティリーはサーフボードにのって空を飛んでいきます。

ワッホー島のワヒワヒ先生の診察をうけたり、母校の魔女学校で勉強をしなおしたり。

魔女の大鍋に お砂糖やチョコレートプリンのもとを入れて先生を激怒させる失敗もしますが、さいごにはちゃんと自発的に立ち直ります。

どうやって、って?

子どもたちにとって、魔女が怖い存在でなくなったら、ハロウィーンの楽しみがなくなってしまうと思ったからですよ。

だからティリーは、世にも恐ろしい顔で、子ども達をこわがらせるんですって。(^-^)

 

縦組みの児童文学の体裁なので「翻訳児童文学」のほうに入れるべきかと迷いましたが、ドン・フリーマンの作品としてこちらにおさめました。

本の縦組み、横組みについては、こちらをお読みください。

http://chihiro-nn.jugem.jp/?eid=4