わたしの本のこと

ドン・フリーマンの絵本

しずかに! ここはどうぶつのとしょかんです

ドン・フリーマン 作絵  BL出版

 

カリーナは としょかんが だいすき。

この日も、あこがれの司書さんと ちょっとおしゃべりをして、どうぶつの本をよみました。 

 

 どうぶつたちも ほんを よみたいかもしれないな。

 わたしが としょかんの ひとだったら、

 どうぶつだけが としょかんに はいれる とくべつな ひを つくるのに…

 

そこから、カリーナの空想が むくむく。

ほら、空想のなかのカリーナは、司書さんといっしょの おだんごヘアですよ。

 

色もやさしいパステルカラーで、ほんとにかわいい絵本です。

ドン・フリーマンは「くまのコールテンくん」で有名なアメリカ人の絵本作家。

ジャズトランペッターだったのに、地下鉄でトランペットを置き忘れたのをきっかけに絵に専念…って、泣き笑いのような経歴の持ち主です。

1978年に70歳で亡くなっており、いまの著作権者は息子のロイ・フリーマンさん。

翻訳にあたり、いくつか質問をさせていただきましたが、おとうさんによく似た、やさしいおじいちゃまのようでした。

 

そのロンさんに許可をお願いしたことのひとつを、ここで告白しましょう。

原書では、主人公の名前は Cary、ケアリーです。

それをわたしはカリーナに変えてしまいました。なぜかというと、このお話では、カナリアがとても重要な役割をはたしているから。

カナリアは英語では Canary。キャナアリーという発音になり、主人公の名前ケアリーと、音も綴りも、微妙によく似ているのです。

まあ、英語ネイティブ読者も10人に8人は気づかないでしょうけど。

 

日本語でカナリアに似た名前ってなんでしょう。カナちゃんとか?

だめだめ。それじゃ10人のうち9人が気づいちゃう。

で、思いついたのが、カリーナ。

するするっと読めば気づかない。

本をさいごまで読んで主人公とカナリアとの絆がわかったら、10人のうち2人が気づくかも。

もしかしたら二度目、三度目に読んだときに?

それでじゅうぶん。

絵本は、何度も読んでいただくことを前提としておりますので。