わたしの本のこと

フランソワーズの絵本

ありがとうのえほん

フランソワーズ 作絵  偕成社

 

 コケコッコー !  おはよう おんどり ありがとう

 きょうも ぱっちり めが さめた

 あさごはんに ゆでたまご

 かわいい めんどり ありがとう

 

こんなふうに、つぎつぎと いろんな「ありがとう」がつづられます。

ふわふわと あまい砂糖菓子のような絵とともに。

にわの さくらんぼにも、わたしや だいじなものを まもってくれる おうちにも、ありがとう。

そして さいごに

 

 こんなに すてきなものを いっぱい くれた かみさま

 ほんとに ありがとう

 

ゆっくりと声にだして読んでいると、しだいに心の固い殻がほどけてきます。

あたりまえのことの尊さを、しっかり味わえる人でいようと、にっこりしてしまうような絵本です。

 

この絵本を作ったフランソワーズには、ちゃんと苗字もあります。正しくはフランソワーズ・セニョーボ。1897年にフランスで生まれて、のちにアメリカへ移住した画家です。

「まりーちゃんとひつじ」は、とても有名ですね。幼いわたしの愛読書でもありました。

クッキーに飾るアイシングを、むかしの本では「砂糖ごろも」と呼んでいましたが、フランソワーズの絵は、まさにその砂糖ごろものよう。

アイシングではなく、とろりとした、おさとうのころも。やわらかくて、あまくて、かわいらしい。

天衣無縫とは、この人の絵のことと思えるのびやかな愛らしさ。

 

けれども、以前、アメリカでフランソワーズの原画を手にとって眺めたとき、おおらかな絵の具の下に、うっすらと、とても細くてとても神経質な鉛筆の線があることに気づきました。

ま、そういうものかもね、と、にやりとした次第です。