わたしの本のこと

おたすけこびとシリーズ

おたすけこびとのまいごさがし

コヨセ・ジュンジ 絵  徳間書店

 

おたすけこびとシリーズの3冊目。

表紙をめくってすぐの見返しから、物語ははじまります。

雨にぬれる緑があざやかな初夏。

公園に面した平屋の家には広縁があり、なつかしい昭和の雰囲気です。

今回の依頼主は、この家にひとりで住むおばあさん。

おたすけこびとに電話をかけて、まいごの特徴として伝えたのは…

「みみは ちゃいろで、はなが ピンクで…」

 

まいごは、おばあさんが飼っていた子猫ちゃんでした。

じぶんで探しにでかけられないおばあさんのために、こびとたちが子猫の捜索にでかけます。

なんと子猫は、側溝に落ちていました。

小さな溝ですが、雨で水嵩が増しているので、子猫にとっては命にかかわる危険な状況です。

でもだいじょうぶ。こびとたちのレスキューチームは、万全の体制でのぞみます。

 

この本の出版は2011年の6月。

いつもどおり1年半ほどかけて準備をしてきて、すべての原画がそろい、校正も済み、印刷にかかろうというタイミングで、東日本大震災がおきました。

私はうろたえました。

水難にあう子猫の本など、出版してはいけないのではないかと。

傷をえぐるようなことになるのではないかと。

 

震災後に、何度も被災地を訪れました。

そこで目にしたのは、数多くの重機が復興のために働く姿。

こどもたちには、それが何年も(今なお)つづく日常の風景となったのです。

コヨセさんの参加も得て、被災地の子どもたちとともに、はたらく車や、おたすけこびとの楽しいワークショップを幾度も重ねていきました。

 

よろしければ、のんきで楽しい、絵本ナビのインタビューもお読みください。

 https://www.ehonnavi.net/specialcontents/interview/20110622/