わたしの本のこと

おたすけこびとシリーズ

おたすけこびとのクリスマス

コヨセ・ジュンジ 絵  徳間書店

 

じつは、おたすけこびとにヘルプ要請ができるのは、おとなだけなんです。

ごめんね、こどもたち…。

ただし、おとなであっても掃除や洗濯、資格試験のカンニング、オフィスのペーパーワーク処理などのお手伝いは受け付けておりません。

こどもを笑顔にしようとしているおとなが窮地に立ったときに、おたすけこびとは出動します!

というわけで、1年に1度、世界中のこどもたちのために獅子奮迅の活躍をするあの方のために、おたすけこびとたちが力を貸すのは当然ですね。

 

この絵本のメイキング、そしておたすけこびとシリーズの発端については、絵本ナビのインタビューをお読みください。

今回はコヨセさんの単独インタビューではなく、私や担当編集者もくわわって、ほとんど漫才  (^o^)。

おたすけこびとシリーズの絵本は、こんな感じににぎやかな、通称「おたすけ会議」を重ねて作っています。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/interview/20091202/